ニュージーランドに留学の際に、猫を連れて行きました。

ペットの渡航は、手続きがとても複雑な上に、ウェブ上には古くて間違った情報ばかりで、苦労しました。そこで、ブログで手続き内容を公開したところ、色々な方から連絡をいただきました。
ニュージーランドのような人口の少ない国に、それも猫を連れて行く人って結構居るのですね。意外で、面白く思いました。
ところが、先月連絡をいただいた方の糖尿病の飼い猫がニュージーランドに渡航、無事に到着はしたものの、係留中に病状が悪化して命を落としてしまいました。
獣医さんからもOKが出ていて、全部の検査も通過していたのに、こんな事もあるのですね。とても悲しい出来事です。ニュージーランドは動物愛護の国なので、動物の医療については進んでいるのですが、それでも助からなかったようです。
そして、時を同じくして、元気だった友達の猫が急死してしまいました。とっても気の毒で、そして恐いです。うちのメルの事も心配になりました。もう一匹子猫が欲しいな、と良からぬ事を考えちゃった。ごめんよー
  • 130614.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です