今日から月に一度の連休でした。
西宮市大谷記念美術館で開催中の2013イタリアボローニャ国際絵本原画展に行ってきました。23日(月)まで開催しています。
阪神の香櫨園という高級住宅地の中にある美術館です。
エントランスを抜けると、美しい庭園を眺められる広々としたロビーがあります。

Bologna Children’s Book Fairは、1964年に創設されました。この展覧会は、1978年以来毎年この美術館で開かれているそうです。私は友達に勧められて初めて観ました。
Bologna Children’s Book Fairは、世界最大の子供の本の展覧会で、毎年公募の中からの入選作品が展示されます。世界各国からの応募があります。
絵本原画展というよりは、美術展のような趣で、子供向けな雰囲気で無いように感じられました。作品はどれも美しく、抽象的なものも多くありました。
お店の絵本とは違う世界の絵本という感じ。展示の最後には、実際の絵本の展示室もあって、各国語の絵本なので読めないものがほとんどだったのですが、和訳のあるものもあって、のんびり読書できました。
また、現地のブックフェアの様子や、日本人作家のインタビューのビデオも放映されていて、ヨーロッパの雰囲気も味わえました。いつか行ってみたいなあ。
フランスの作家の絵が素敵で、何故か急にフランス語が勉強したくなりました!パリにこの数年内に2度行って、大好きな場所なのですが、言葉を勉強したいとは今まで思った事は無かったのに。。。
良い休日を過ごす事ができて良かったです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です