「みんなのオススメ洋書」6冊目は、"Wilfrid Gordon McDonald Partridge"です。著者のMem Foxは、オーストラリア人です。とても心温まるお話。

Wilfrid Gordon McDonald Partridge | 江坂の洋書屋 – みんなのオススメ洋書
おばあちゃんのきおく


先月の絵本の読み聞かせ会で読んだ"Where is the green sheep?" というとっても可愛いお話もMem Foxの本でした。

でもイラストレーターが違うので、また雰囲気が違います。絵本作家は、文章だけ書く人も結構居るのですね。先日ご紹介したMargaret Wise Brownもそうでした。

絵本の言葉は、短いから、特にとても吟味して書かれているのが分かりました。それを訳すのは難しそう。やはり原文で楽しみたいですね!

レビューを書いていただいたのは、絵本をビストロのメニューにしてくださった会社(レストランではなくて、メニューのデザインを担当された会社)の社長さんに紹介いただいたお友達の方です。すごい縁ですね!

アメリカ在住の英語の教員で、移民・難民のための大学進学準備英語プログラムのカリキュラムデザインと講師を担当されています。今、オススメの絵本なども教えていただいていて、とても心強いサポートができました。

名作絵本はもちろん素晴らしいけれど、沢山読んでいる方からのオススメの絵本は世界が広がってとても素敵です。

shimaさんのおすすめブックリストはお店で配る予定です。お楽しみに♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です