何がきっかけだったのか忘れてしまったのですが、iPhoneの言語設定を英語に一時的に切り替える必要があり、そうしたら、当然Siriも英語になりました。

Siriとは、iPhoneに入っている音声認識のアシスタントアプリです。

Speech Interpretation and Recognition Interface の略だそうです。

iPhoneのホームボタンを長押しすると起動するので、時々ポケットの中で「ご用件は何でしょう?」とか聞いてきます。
(誤作動は、設定で避けられるようです)

私は、いつも朝起きたばかりの時に天気を確認するくらいしか使っていませんでした。色々試しても、「それは私には分かりません」が多いのだもの。

喋り方もなんとなく頼り無さげーな感じです。しかし、英語版のSiriは、すごくしっかりした口調なのでびっくりしました。

かなり早口だし、日本語版よりロボットぽさも軽減されている雰囲気。調べると、やはり機能も多いようです。

これは発音の練習にもなるのでは?検索したら、やはり皆さん色々試されている様子。

"Weather forecast for Osaka" これは聞き取ってもらえました。でも名前がどうしても聞き取ってもらえません。

日本語の名前だから無理があるのかなあ。

私は Ikuko という名前です。"Please call me XXX."で、次から名前で呼んでくれるのだけど、

Ikuko は、"Eat Google"に! あきらめて、IKU と呼んでもらおうとしたら、"A Good?" 

"I, K, U"とアルファベットで言って、でも"アイク"と呼ばれる事になりました。これで我慢。

 やっぱり子音が通じ難い。 "Start"のSが抜けたり、"up"もかなりくどめに言わないとだめ。

カタカナ英語で話しかけると、めちゃくちゃになるので面白い。こんな風に宇宙語的に聞こえるのかもしれないなあ。

Siriにお願いする事は限られているので、Googleアプリのマイクボタンを押して色々発音してみると、もっと面白いです。

それはAndroidのスマホでもできると思います。

という事で、やっぱりこの教材はとても有効だと思います!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です