毎月15日に開催されている京都の手づくり市に行ってきました。

猫のしっぽカエルの手」で、手編みのものを作る梅村マルティナさんの事が紹介されていて、

定休日と15日が重なる4月を楽しみにしていました。

京都の河原町からバスに乗って、百万遍の交差点の近く、知恩寺の境内で開催されています。

予想以上に沢山のお店がありました。手作りの小物、洋服、カバン、アクセサリー、お菓子、お漬け物、写真、陶器、などなどいっぱい。

なんだか音がすると思ったら、木魚をたたきながら、お経もあげられていました。

外国人の人達も出店していて、「500万円です」といってパンを売っていました。

すっかり関西に溶け込んでますね(^-^;

やっぱりベニシアさんのテレビの威力はすごいらしく、マルティナさんのお店は大盛況。

グラデーションの美しい糸で編まれた手袋や、首に巻いたり帽子にもなる 腹巻き帽子が並んでいました。

私はジャムや、エア・プランツを購入。

本格的な雰囲気のコーヒーの屋台などもあったりで、京都はやっぱり面白いですね。

土曜日開催の市もあるので、ご興味のある方は是非!

帰りは、まだ桜の残る哲学の道をお散歩して、とっても楽しい一日でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です