昨日、wowowでなんとなく見始めて、惹き込まれて最後まで見ました。

邦画の「そして父になる」と同じく、病院で赤ちゃんが取り違えられ、そのまま別の家族に育てられる設定。「そして父になる」もとっても良かったけど、この映画はもっと感動した。

子どもの1人が18歳になって兵役検査をした際に、両親と血液型が合わなかったために事件が発覚します。

湾岸戦争の混乱のために取り違えられたのが、イスラエルのテルアビブのユダヤ人と、パレスチナ自治区のアラブ人という敵対する民族同士であったため、より複雑な問題になっている。

イスラエルの中のパレスチナ自治区、ニュースで見ても、本で読んでも良くわからなかったけど、この映画で、同じ世界の出来事なのが実感できた。

映画の中では、兵士が見張るチェックポイントを通って、テルアビブとパレスチナ自治区を行き来するシーンが何度か出てくる。通行証を厳格にチェックする兵士たち。銃撃シーンなどはないけれど、緊張感が伝わってきた。

物質的に豊かで、西洋社会となんら変わりないテルアビブと、貧しく、でも素朴で人の繋がりが強いヨルダン川西岸の自治区。すぐ近くなのにまったく別の国。

ユダヤ人とアラブ人は、人種的に異なる訳ではなく、赤ちゃんを取り違えてそのまま育ててしまうくらい見分けのつかない人たちなのですね。

母親たちは、自分の育てた息子を深く愛しているけど、実の息子に血の繋がりを感じる面を見いだして、心が揺れます。

フランス系ユダヤ人の家庭で、ユダヤ人として育ったヨセフは、熱心なユダヤ教徒。しかし、アラブ人である事が分かると、ラビからユダヤ教徒ではないと、優しく、でもはっきりと言われてしまいます。

家族からも宗教からも切り離されてしまって、アイデンティティーを見失うヨセフ。

パレスチナ人として育ったヤシンは、医者志望でパリの大学に合格したばかり。ヤシンの兄は、弟がユダヤ人である事が分かると彼を責めるようになりますが、ヤシンは自分は何も変わらないと、今までの生き方を貫こうとします。

それぞれの登場人物の苦悩と愛情がよく描かれた感動的な作品。2人の母親役の女性たちもとても美しかった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です