ニュースリアルKANSAIは、大阪に特化したニュース番組。

去年のいつだったか、祝日に何気なくテレビを見ていた時に偶然見つけて、それ以来録画して見ています。

月曜日から木曜日は夕方の15分間だけ。金曜日は45分間で少し時間がずれるので、ずっと録画できていなくて今日初めて見ました。

ニュースといえば東京がメインなのに、この番組はビジネス、政治、事件まで全部関西に特化していて、さらに知的で情報量が多いのが新鮮でファンになりました。

大阪の番組というと、わざとらしくイントネーションのきつい大阪弁でひっきりなしにつまんない冗談を言ったり、批判ばっかりで情報量の薄いものが多い気がする(東京のだってつまらないことに変わりはない)けど、この番組は面白いです。

キャスターの女性がキリっとしてて素敵です。

大阪の政治の事は、全国ネットでは選挙の時くらいしか取り上げられないけど、日々のニュースとしてイベントが取り上げられて、とってもわかり易い。前回の大阪W選挙では、個々の政治家の選挙活動ぶりが取り上げられて、臨場感がありました。

年初からは、「特集 びっくりぽん!なにわ商人物語」という事で、一日に一人、4人の大阪の大企業の創業者についての特集がありました。

今日は最後の阪急の創業者 小林一三さん。電鉄だけでなく、鉄道と組み合わせて作った百貨店、住宅、野球チーム、宝塚歌劇、などのエンターテイメント事業の神様だったそうです。

宝塚歌劇を阪急が作ったのを知らなかった。。。

宝塚、観に行った人は皆感動したと言うけど、宝塚出身の女優さんは綺麗な方ばかりだけど、わたしはどうしてもあの喋り方やお化粧が苦手で観にいく気になれなかった。一度は観た方がいいと皆に言われたけど、どうしても感動できる気がしなかった。

でも今日の特集で舞台裏を見せられて、本当に初めて見に行ってもいいかなと思ったのでした。

舞台装置がすごかった。確かになかなかチケットが取れないと言われているだけあって、舞台設備は大掛かりで相当にお金のかかったもので、裏方さんたちはプロフェッショナルでした。

フランスの舞台を見本にしたというのが伝わってきました。パリでリドを観に行った事が一度だけありますが、あの美しいけれどどこか泥臭い怪しげな雰囲気の香りが確かにどこかにあります。

小林一三の自宅を改装した記念館の内部も案内されていて、とても美的センスの高いお洒落な方だったのが想像できました。

なんだか懐の深い余裕のある感じで、日本の他の起業家とは違った趣。

阪急百貨店とその周辺だけが大阪じゃないような洗練された雰囲気なのは、こんな背景があったからなのですね。

東宝が東京宝塚から来てるとか知らなかった。勉強になりました。

大阪も悪くないやん、と思わせてくれる番組だと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です