英語教育コンサルタントの島田さとみさんが今夏も帰国され、「アメリカ ノンネイティブへの英語教育事情とその活用方法セミナー」を開催します!

私も毎月絵本の読み聞かせの前にスカイプでレッスンを受けていて、毎回発音を丁寧に直してもらっています。はっきり指摘してもらえるのでありがたい。

さとみさんは、大阪の元気で面白いお姉さんです。レッスンと一緒に仕事の打ち合わせもしたり、学校の様子のお話を聞いたりで毎回楽しませていただいています。

先日は、アメリカで何故トランプさんがあんなに人気なのかを解説してもらって納得。とっても面白かったです!

私が朝、さとみさんが夜の時間帯にスカイプをする事が多いのですが、遠く離れたアメリカに居る人とビデオで会話がほぼ無料で簡単にできるって改めてすごいなあと思います。

 

さとみさんは、校内の半数以上が英語ノンネイティブという小学校で、英語で英語(特別リーディングプログラム担当)を教えています。

勉強が少し遅れている子ども達に補習授業を行っています。体力的にも精神的にも大変なお仕事。

アメリカの大学院で Master’s Degree in Literacy Education with ESL (English as a Second Language) concentrationを取得後、実務も10年以上経験されているプロフェッショナルです。

アメリカではノンネイティブにどうやって英語を教えているのか、英語の先生でなくても興味が湧きませんか?

授業の中でのちょっとした一言、私には「Good job!」ぐらいしか思いつきませんが、子ども達が注意散漫になってきたときの注意のひき方、エキサイトしすぎちゃった時の落ち着かせ方など、ネイティブの先生も教師用プロンプト(助け舟フレーズ)ガイドを参考にしているという事。

読み書きだけでなく、聞く話すといった総合的な言語スキルや、 思考力アップに効果を発揮するプロンプトの英語版です。

実際にどういう風に使うのかはドキュメントだけでは分かりにくいもの。中から、使い回しがきく質問文やフレーズをたくさんご紹介いただきます。

 

読み聞かせをするときも、ちょっとしたフレーズを英語で言えたら素敵だな。私もとっても楽しみにしています。

島田さんとの出会いは、店舗を営業しているときに、お友達の方がお客様として来られ、「絵本を使って英語を教えている」という事でぴったりなのでは、とご紹介いただきました。不思議なご縁です。

その後、年齢や言語の習熟度に合わせた絵本選びでもサポートいただいています。

とてもオススメのセミナーです。ご参加お待ちしております!

お申し込み:アメリカ ノンネイティブへの英語教育事情とその活用方法セミナー

お問合せはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です