日米英語学院のサイトに本の紹介記事を書きました。

日本文学を英語で!初心者におすすめしたい村上春樹作品の英訳本

私は毎日Audibleで洋書のAudio Bookを聞いていますが、そのきっかけになったのが、友人に借りた村上春樹の『海辺のカフカ』です。

昔、Audio Bookが英語学習に良いとどこかで読んで、大好きだったV・I・ウォーショースキー シリーズの原書のAudio Book “Tunnel Vision” (バースデー・ブルー)手に入れました。

どうやって買ったのかさっぱり記憶にありませんが、当時乗っていた車にカセットデッキしかなくて(!)テープの6本セットとかを買いました。何度何度も流したのに、全然頭に入らなくて、結局テープは夏に車の中に置いていたために伸びてしまいました。

その経験から、Audio Bookには疑いがありましたが、”Kafka on the Shore” がスラスラ聞き取れて驚きと感動がありました。

日本の小説の方が英語で聞き取るのが易しくおすすめですよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です