お店をしていた頃か、私が辛そうだったのか、何が原因だったのか忘れてしまいましたが、友人にフラワーエッセンスをいただきました。

イギリスのEdward Bach博士が提唱したBach flower remediesの1つで、ストレスいっぱいの時に、舌の下に4摘ほど垂らすと気分が落ち着く気がするとの事でした。

留学して、洋書のお店を開いて、失敗してクローズして、経済的には最悪の状況でしたが、その友人のおかげもあり、以前よりも気分的には前向きに、自己肯定できるように、充実して楽しめるようになっていました。

だから、このレスキューレメディーもそんなに登場の機会はなく、時々辛く感じる時に思い出したように使っていました。なんとなく気分が軽くなるように思えました。

しかし!最近になって実はものすごく効果があると発見したのです!

こんな事を書くと、製薬会社時代の友人にまた怒られそうですが、私の場合、夜眠る前に舌の下に4摘垂らしてから眠ると夢の内容が明るく普通になり、熟睡できるようになるのです。

以前は朝使っていたのですが、夜の方が効果がはっきり感じられます。

再就職してから、前とは異なるタイプのストレスを抱えるようになり、ここ数ヶ月毎晩変な夢を見続けていました。締め切りに追われたり、何かの仕事の問題を解決しようと躍起になっていたり、飛行機に遅れそうなのに忘れ物をしたりバスが来なかったり、と追い込まれる夢。

猫に起こされても、猫には単純に餌をあげればいいだけなのに、夢の中がまだ続いていて、何かの問題を解決してからでないと餌もあげられないように脳が思い込んでいる状態。

1ヶ月前ほどには、死ぬ夢を見ました。マンションのエレベーターに一人で乗っていると、災害が発生したのか、突然エレベーターが止まって、真っ暗になり、ものすごく空気が重くなって、押されるようして床に寝そべり、息が出来なくなって、「こんな事で突然死ぬんだな、呆気ないな」と思っていると目が覚めました。

すごく苦しかったけど、起きたら特に体調が悪いわけじゃなかった。調べたら死ぬ夢は吉夢だという事で楽しみにしていたのに、何の変化もなくて残念!

ともかく、このRescue Remedyをとってから眠ると、眠りが深くなり、夢は見るのだけど、以前は周囲に知らない人ばっかりだったのが、友人知人が登場して救ってくれます。

夢の内容を書き換えてResucueしてくれている感じ。そういう意図のエッセンスじゃないと思いますが。

睡眠が浅いと1日辛いので、とてもありがたいです。起きた時に頭がスッキリしています。

眠りを深くするため、漢方加味帰脾湯)を試していましたが、私にはこちらの方が効果があるようです。宣伝ではありませんが、感激したので書いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です