磯田道史さんが司会をする英雄達の選択という番組にはまっています。

高校生のとき歴史の授業が大の苦手で、あまりに成績が悪く、大学受験のために塾で専攻と関係のない日本史の授業を別に受講しました。

大学時代には司馬遼太郎さんの本をたくさん読みましたが、面白かったものの、人の名前も全体的な歴史の流れもさっぱり分からずじまい。

大河ドラマは登場人物が多すぎて、また話が飛びすぎて楽しめず、継続して見た事はありません。

この番組は、毎回ある歴史上の人物やイベントにスポットライトをあて、歴史家・小説家・心理学者などの専門家をゲストに招いて皆で討論します。

応仁の乱の特別編のようなものをGWに見て、衝撃的に面白く、その後録画して毎回見ています。

まったく理解できていなかった日本の歴史が初めて立体的に少しずつ理解できてきました。

実際に肉体と血の通った人物が歴史を形作ってきたことが初めて実感できて感激です。

歴史の教科書って本当に味気なくてまったく面白くない。漫画版が売れるのが良くわかります。

最近、友達の影響で日本酒が好きになり、京都に出かける機会が増えましたが、歴史上のイベントと場所が重なるのが不思議な感覚です。

「英雄達の選択」では幕末から明治維新にかけてを色々な方向から取り上げていますが、その後どうやって現在の状況に繋がっていくのかが楽しみです。

現在の日本人の方が国際感覚が無いような感じがするのはなぜなんだろう。

歴史は、Game of Thrones のドラマより残虐で意外な展開を繰り広げて面白いではないですか。

日本人って過去こんなだったんだと認識できるのが新鮮。磯田道史さんすごいなあ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です