ブッククラブ – 読書会 、皆で同じ本を読んで、感想をシェアしたり、内容について話し合ったりします。

ここでは英語の本(児童書)を読むので、分からなかったところは、神話に詳しいSonny講師(英会話アルテミス講師)に確認できます。人によって疑問に思う箇所が違って、また自分でも実は理解できていなかった事に気付くことも多くて楽しい。

グループで読めば、英語の本も最後まで読み通せて、より深く読み込むことができます。

D’Aulaires Book of Greek Myths (ギリシャ神話絵本)

ナイキもエルメスもオリオンも ギリシャ神話の神様だとご存知ですか?

2000000050003

Greek Myths – ギリシャ神話は、古代ギリシャから語り継がれる物語。神々の愛憎や戦いの物語ですが、色々な自然現象を “personification” ー 擬人化(疑神化?)していて、古代の人々の想像力に感動します。

ストーリーはどこか達観した、深い人間観察に基づく内容を多く含んでいて、大人が読むと違った楽しみ方ができます。

絵画、文学、音楽の主題となったり、星や星座の名前、地名、ブランドや社名にも用いられ、西洋文化はもとより、私たちの生活にも深く根付くギリシャ神話。読み進めるごとに発見があって、驚きの連続。

190ページほどあるこの本は、いろいろな神話を網羅しています。見開きページには必ずイラストがあって、それぞれのエピソードは3ページほどなので、読み進め易く、神様の名前から調べる辞書的な使い方もできそう。

Sonny講師は神話を個人的に研究していて、話し出すと止まらなくなってしまうみたいですよ!

物語の背景や、関連するエピソードも聞けて充実の内容です。

日時:12月16日土曜日 18時30から 60分(最終回)

172ページから最終ページまでを読んでの参加になります。

* D’Aulaires Book of Greek Myths (ギリシャ神話絵本)

場所 カフェエイト

地下鉄御堂筋線江坂駅徒歩5分(地図
大阪府 吹田市 垂水町 3-24-14
参加費 一般 1,200円(+カフェでのオーダー)
英会話アルテミス豊中会員 500円
※ キャンセル料金 開催1週間前以降 一般600円、会員500円

予約必要 英会話アルテミスのホームページか、こちらからご予約ください。

お問合せ・お申し込み
Contact Us

☆Sonny講師のプロフィールはこちら

ギリシャ神話は年内に終了の予定です。

残念ながら、ブッククラブはしばらくお休みに入る予定です。

英会話レッスンをご希望の方は、英会話ArtemisのFacebook Page をご覧ください。

Sonny講師のこの本のレビュー

D’AULAIRES’ BOOK OF GREEK MYTHS is a wonderful journey into the myths and legends from the ancient Greco-Roman world. These myths and legends – arising from the deepest layers of human experience – were told and re-told by generations of poets and storytellers, and have greatly influenced Western art and civilization.

Much of Western European culture and language has it’s roots in the ancient civilizations of Greece and Rome, and much of our English vocabulary has it’s origins in these myths. From the most advanced scientific and medical terms, to the names of the planets and stars and constellations, to common words such as “Atlas”, “Panic” and “Muse”, we can barely speak without invoking some character or myth from this rich heritage.

This English language book is written at an elementary school level and is very well illustrated with many scenes depicting the great gods and goddesses and heroes and monsters from classical myth and legend. Here we find the myths of Zeus (Jupiter) and the battles with the Titans, as well as the tales of all the major gods and goddesses; we find the folly of vainglorious kings and the adventures of such heroes as Perseus, Theseus and Heracles (Hercules) and the monsters they had to confront. D’AULAIRES’ BOOK OF GREEK MYTHS is a perfect introduction to understanding the ancient legends from the pagan world.

【参加者の声】
私は、サニー先生の解説が楽しみで、ブッククラブに参加しています。和訳を読めば文章の意味は理解できますが、ネイティヴによる解説を聞くことで、習慣や文化など、物語の背景まで知ることができ、文章を深く味わうことができます。これは一人で本を読んでいるだけでは、なかなか体験できないことです。

また、他の参加者の方が話す英語を聞くことが、自分の英語レベルを振り返る良い機会になっています。自分が英語を話す際は少し緊張しますが、話すうちに徐々にレベルが上がっているように思います。読む・聞く・話すの全てにおいて学びが多いことが、このブッククラブの良いところだと思います。
(ユキコ 29歳 会社員)

たとえ児童書であっても、ボキャブラリー不足の私にとって、原書を読むという作業は、かなり大変なことです。

「100%理解しようとするより英文を読むことを楽しんで!」という暖かい励ましを糧に、一生懸命アルファベットを目で追っていますが、Clubでは、Native講師の解説を必死で聞き取り、質問されると まさにしどろもどろで応えるという状態。なのに、それが楽しいんです!

英語学習の一環であること以上に、「読書というものは自分独りで楽しむもの」と思っていた私にとって、他の方の読み取り方や感じ方を聞かせていただけるBook Clubは、とても貴重な有意義な機会だと思っています。

Native講師から英語を学べて、1冊の本を深く読み込めて、そして素敵なMemberの皆さんと楽しく過ごせて、お茶とお菓子までいただける…こんなにお得なことがあるかしら? 他にもあったら…ぜひぜひ教えてください(笑)
(Aquarius 年齢: 非公表(≧∇≦)会社員 女性)

私は日本語の本を読むとき、大抵すらすら~と先を急いで読んでしまいます。
英語の本は、分からない単語でいちいち引っかかってます…。

ブッククラブで日本語訳ではない英語訳(他言語)の本を読むことで、同じ本なのに、“印象や捉え方が変わってしまう”ということ体験しました。

いちいち引っかかるし、単語の意味をイメージして覚えようとするからか、物語の場面を想像するコマが増えるのかもしれません。

もちろん、読んだ時の年齢や、取り巻く環境によっても印象は変わってくると思うのですが。
みんなで一つの本を読んで、先生から解説してもらう。
先生やみんなが話す英語をうまく聞き取れない私にはカン違いもいっぱいですが、日本とは違う思想なんかも垣間みれて、面白いです。
(ヨッシー 40代 紅茶教室 女性)

英語好き、読書好きな人が楽しめるブッククラブです。
一人だとなんとなく読み進めてしまう本も、感想を話し合ったり聞いたりすることで、内容を深く理解できたり自分では思いつかなかった考え方があって、「なるほどなぁ」と思うことも度々あります。

また、洋書ということで外国が舞台の話になりますが、日本と違う習慣や考え方などはSonny先生が補ってくれるので、わかりやすい!

クラブの雰囲気も和気あいあいとしていて、英語が下手な私でも居心地よく過ごせます。
会場の「江坂の洋書屋」さんも、外国の小さな書店のような素敵な雰囲気のお店なので、クラブが終わった後もついつい長居しそうに・・・。

英語の勉強が続かなかったり苦手な人でも、英語の楽しさを知ることができるクラブだと思います。
(ちこ 40代 会社員)

今まで本のディスカッションの経験はありませんでしたが、同じ本でも読み手により解釈や興味、疑問の観点が違うので勉強になります。

英語の本なので私の1人では読み解くのは難しいですが、講師の方や、クラブに参加されてる方々とのディスカッションで読み進めることが出来るのだと思います。
(N.A 40代 主婦 女性)

普段、英語多読をやっています。もう11年目になり現在は小学校高学年から中学生ぐらいが対象のレベルの本を中心に読んでます。

ブッククラブには昨年春から参加していますが、参加理由はネイティブの方がどのように感じながら本を読んでいるかに興味があったからです。 実際に参加してみて、期待通り直接意見が聞けて「なるほど」と思うことが多く、独りで読むのとは違った楽しみかたができます。

また、質問や感想など自分がしゃべる機会もあり、今まで英語をしゃべる機会が日常になかったので、月に一回とはいえ嬉しいおまけです。
(モーリン 50代 翻訳業 男性)

s2-f